神埼双葉園について

「成長を育む保育」を実践しています

神埼双葉園の園庭には、しんらんさまの像があります。
こどもたちの安全と健やかな健康を見守っていただいております。
感謝のこころをたいせつにし、手をあわせて拝むこころは、
幼少期のこどもたちに「まことの学び」を教えています。

幼児期から人間形成基礎教育を推進しています

神埼双葉園では、総合幼児教育研究会と連携し、
「からだ」、「あたま」、「こころ」人間としての「根っこの力」を
ゆたかに育むことのできる、こどもたちの真の育ちを目指しています。

1.動き:身体が学の質を高めます。

 小さな身体にあふれるエネルギーを存分に燃焼させる多彩な活動が、
 全身を心地よく刺激して、幼児の総合的な発達を育みます。
 ゆたかな環境を通して、意欲と集中力みなぎる身体を育て、こどもの主体性の
 気づきを開きます。

2.ことば:あそびの体験を通して、言語感覚を育てます。

「ことば」こそ人間性の基盤。
古今の名詩やことわざ、漢詩さえも楽しく暗唱し、いきいきと音読しています。
「意味がわかる」ためでなく、「あそび」ながら幼児のゆたかな言語感覚を育てます。

3.リズム:心地よい生活リズムを身体に刻みます。

 すべての活動が心地よい生活リズムを織りなし、幼児の身体の深部に
 元気や躍動感を育みます。

吸収力旺盛な幼児期に英語教室を実施

保育時間中にECC講師(邦人講師)がレッスンを実施します。
歌や遊びをふんだんに取り入れたECCオリジナルカリキュラムで
こどもたちの英語能力の向上を目指します。
英語指導の根幹を形成する五領域「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」をカリキュラム全体に盛り込んでいます。 神崎双葉園のこどもたちが英語学習を通して、心身ともに豊かに成長することを、目的としたレッスンです。
英語であそぼう マーレン先生(外国人講師)と遊びながら、英語に触れたり、幼い時に外国の方と関わる経験ができます。

和太鼓による日本の心を伝承しています。

こどもたちが、日本の伝統文化を肌で感じ取れることができるよう、和太鼓を取り入れています。チームワークと頑張りを通して、いつまでも日本人の心を忘れずに成長してくれることを願っています。

神埼双葉園までの交通アクセス